ホーム > 健康 > 子宮頸がんが増えてきた大きい原因

子宮頸がんが増えてきた大きい原因

子宮頸がんが増えてきた大きい原因はセックスの低年令化とホルモンバランスの崩れです。

また、栄養の偏りによる免疫力の低下でしたね。

ホルモンバランスが崩れていると、子宮頸がんだけでありません。

生理痛、PMS(生理前症候群)、子宮筋腫、子宮内膜症、乳ガン、子宮ガン、

不妊、骨粗しょう症などのリスクも高くなります。

また母親のホルモンバランスの崩れは、子供にも悪い影響を与えます。

つまり、ガンが生活習慣と深く関わっていることが明らかな以上、

ガンになりやすい親の生活習慣を共に過ごし成長した子供は、同じようにガンになる確率も高いということになります。

DNAのことをいっても、あなたにはどうすることもできません。

そんな微量なことに悩むよりも、生まれてからの生活習慣や食生活を見直すことのほうが重要ではないでしょうか?

全ては、あなたにコントロールできることだと、知っていただきたいのです。

ですから、予防ワクチンで予防を考えるのではなく女性自身が子宮頸がんの予防を心がけなくてはいけません。

ひとりひとりの女性が、ホルモンや、性に対して正しい知識を持つことがとても大切な時代になって来ているのです。

荒木式がん対策プログラム~本当の効果と内容

現在、世界中の実験室で世界標準の乳ガン細胞が、長期間培養保存されています。

 

この目的は同じ細胞を使い、

薬物効果などを統一するための目的で保存されているのですが、

このガン細胞は、女性の乳ガン細胞で、実は、本人は数十年前に乳ガンでとっくに死亡しているのです。しかしガン細胞だけが、世界中の実験室で生き続けているのですから奇妙な気がします。


関連記事

  1. 子宮頸がんが増えてきた大きい原因

    子宮頸がんが増えてきた大きい原因はセックスの低年令化とホルモンバランスの崩れです...

  2. 身長コンプレックスはなんとかしたい

    身長が低くてそれがコンプレックスになっているという人。 結構いるんじゃないなと思...

  3. 炭水化物を抜くダイエットでは食物繊維を摂る!

    炭水化物を断つダイエット方法が、最近注目されています。人の体は炭水化物を必須の栄...