ホーム > 病気 > パニック症候群

パニック症候群

あれこれ、信じてしまったり、軽はずみに手を出したくなるようなことに陥ってはいけません。あなたは、あなた。

通院しているなら信用できるお医者さんと自身とこの冊子の自家方法を試してみましょう。

本田昌毅医師監修 パニック障害改善プログラムを完全公開

あなたと人のレブルは同一ではないので、参照程度にしかならないことも数多いのですから。軽はずみにインターネットやその他種々の物で調べて惑わされることがないように。

ただし、参考程度に…という常識がきちんとあるならばデータを見るのはかまわないと思います。流されないことだけ、配慮してください。近ごろは、芸人などでもパニック症候群をカミングアウトする人たちも増えてきましたね。

アイドル、女優さん、俳優さん、元プロスポーツ選手、有名アーティストなど・・・。多分日毎夜毎のプレッシャーや忙しさなストレスが力ぞえしてご自身を苦しめてしまったのだと思います。

 


関連記事

  1. 高血圧改善に取り組む時間

    高血圧は、決して他人ごとではありません。本人の3人に一人がかかる病気。でも、決し...

  2. パニック症候群

    あれこれ、信じてしまったり、軽はずみに手を出したくなるようなことに陥ってはいけま...